長居動物病院ブログ

2015.01.07更新

長居動物病院の院長、東條です。
あけましておめでとうございます!
今年も、当院をよろしくお願いいたします。

今日は、ワンちゃんの卵巣脳腫についてです。
卵巣腫瘍とは、卵巣に腫瘍ができることです。
卵巣腫瘍を大きく分類しますと、皮質性腫瘍、類組織性腫瘍、卵生腫瘍の3種類に分類され、その中でもメスのワンちゃんに多いのが、皮質性腫瘍です。
また皮質性腫瘍の中でも、顆粒膜細胞腫が最も多い腫瘍となります。
一般的に、出産の経験がない高齢のワンちゃんに多く見られます。

病気なので、早期に発見してあげたいところなのですが、卵巣腫瘍の場合、厄介なのが初期に症状らしい症状が見られないことです。
次第に、脱毛や発情期現象が出てくる場合があります。
進行していきますと、お腹が膨れ上がってきますので、飼い主様も「あれっ?」と気が付かれる事が多いです。
また、嘔吐、腹水が見受けられるようになります。

卵巣腫瘍かも?と思ったらすぐに、大阪市住吉区の長居動物病院へご来院ください。
触診をさせていただき、しこりを確認。
その後、レントゲンや超音波の検査を行います。
治療は、卵巣と子宮の摘出手術となります。
手術後、ワンちゃんが元気に暮らせるように、全力を尽くします!

投稿者: 長居動物病院

2015.01.05更新

ペットを家族に迎える事になったら、まずは環境を整えて迎え入れましょう。

その次に行う事、それが、ペットのかかりつけ医を決める事です。

まず一番大切な条件は、緊急事態を考えて、自宅から近い場所であるという事です。

評判の良い動物病院は多々ございますが、遠距離ですと万が一の場合、間に合わないという事態が起こります。

最近の動物、特にワンちゃん・ネコちゃんは長生きです。

人間と同じで、高齢のワンちゃん・ネコちゃんの場合、通院の移動時間と距離は、短ければ短いほど負担が少なくなります。

次に、獣医師の技術と知識力です。

多くの症例実績を持ち、常に新しい獣医療について探求している獣医師を選ぶべきでしょう。

また、飼い主様に分かりやすい説明やアドバイスができるという点も重要です。

長居動物病院は、住吉区で25年の実績を持つ動物病院です。

新しい治療法を研究し、皆様にご提供できるよう、日々まい進しております。

常に、飼い主様そしてご家族であるペットの事を考えた、分かりやすい説明を心がけています。

また、大型犬の場合、「病院まで車で」となるケースも多いでしょう。

しかし全ての動物病院に、駐車場が完備されているわけではありません。

長居動物病院は駐車場完備しておりますので、高齢犬や大型犬の飼い主様のご負担を最小限に留めることができます。

投稿者: 長居動物病院

2015.01.05更新

長居動物病院は、動物のガン治療に力を入れております。

ガンは、早期発見・早期治療が大切です。

人と違って動物は、人間のようにお話できません。

痛みがある、ムカムカするなど、自身の体調不良を飼い主様に伝えることができません。

ではどうすればよいのか?というお話ですが、まずは飼い主様の日々のチェックです。

コミュニケーションを取りながら、ペットの親として、身体の異変を感じ取りましょう。

でもこれだけでは、分からない病気もあります。

そこで長居動物病院では、動物の定期検診とペットドックをおすすめしております。

ここではワンちゃんの、一般的な定期健診とペットドックをご紹介します。

 

【定期健診とは】

問診、触診、聴診などの一般的な健康診断を行い、フィラリア抗原検査と血液検査を行います。

必要に応じて、糞尿の検査を行うケースもあります。

 

【ペットドック(犬ドック))とは】

犬ドックでは、血液検査と糞尿検査に加え、レントゲン検査や超音波検査を行います。

大体、2年に一度ぐらいのペースで、犬ドッグを行うと良いでしょう。

高齢のワンちゃんの場合は、毎年犬ドックを受けるようにしましょう。

投稿者: 長居動物病院

2014.12.26更新

ワンちゃんのストレスは、問題行動を起こすだけでなく、ガンの原因にも繋がると言われています。

 

愛犬がなるべく、ストレスフリーで生活できるよう、飼い主様として最大限の努力をしてあげてください。

 

でも犬は、お話ができませんから、飼い主様が頑張っていても、知らず知らずのうちにストレスを感じてしまっているかもしれません。

 

ですので、飼い主様は、犬がストレスを感じているサインを察知する必要があるでしょう。

 

 

 

ストレスのサインは、色々あります。

 

ワンちゃんによっても異なります。

 

そのため、あくまでも参考に・・・というお話ですが、このブログでは、よく見られるストレスサインをご紹介します。

 

 

 

代表的なものは、自らのしっぽをひたすら追いかけ、ひどいと噛んだりします。

 

被毛が抜け落ちたり、やたらと体を舐めたりするというサインが出る事も多いです。

 

体調不良が起こる事もあり、嘔吐や下痢といった症状がみられるワンちゃんもいます。

 

飼い主に、噛みつこうとする行為を行うケースもあります。

 

「前はこんなことがなかったのに・・・」と飼い主様が感じるその感覚(違和感)こそ、犬がストレスを感じているサインを察知する為に重要だと思います。

 

投稿者: 長居動物病院

2014.12.25更新

ワンちゃんがストレスを感じる原因の一つに、「散歩へ連れていってあげていない」というものがあります。

ストレスを溜めこむことは、ガンの発症原因にも繋がります。

人間と同じぐらい、ワンちゃんのガン発症率は高くなっています。

「でも散歩って、大変だし・・・」とおっしゃる飼い主様もいます。

「大変」と言い出したら、生き物を育てるのは全てにおいて「大変」です。

散歩だけに限った話ではありません。

これは、カマキリだって金魚だって、そして人間だって同じです。

「育てる」という事は、大変でもあり楽しくもあり、悲しくもあり、嬉しくもある。

そういうものだと、私は思います。

確かに散歩は、楽しいばかりではありません。

お仕事を持ちながら、朝晩の散歩となると、その飼い主様の負担は大きいと思います。

天候だって、晴れている日ばかりではありません。

雨の日もあれば、暑い日・寒い日だってあります。

でも、ワンちゃんの散歩を「大変」と思わず、「自分自身のストレス解消および健康維持にも繋がる」ぐらいのポジティブな感覚を持っていただければと思います。

そして何より、愛犬との一番のコミュニケーションの時間でもあります。

散歩の時間を、大切に考えていただきたいですね。

投稿者: 長居動物病院

2013.08.13更新

抗がん剤耐性になったリンパ腫全身転移した悪性腫瘍オゾンガスを週2回注腸し、その他インターフェロンやステロイド抗がん剤を併用することにより、治療が可能となりました。
詳しくはお電話にてご相談ください。院長不在のときは、こちらからご連絡させていただきます。

投稿者: 長居動物病院

2013.05.18更新

幹細胞療法の基礎知識について更新しました。

幹細胞療法の基礎知識

投稿者: 長居動物病院

2013.05.18更新

樹状細胞療法について更新しました。

こちらよりご覧ください。

投稿者: 長居動物病院

2013.05.18更新

免疫細胞療法の基礎知識について更新しました。

こちらよりご覧ください。

投稿者: 長居動物病院

2013.04.09更新

猫伝染性腹膜炎は、難治性のコロナウイルス誘発性全身性血管炎で、腹水や胸水が貯留したり内臓の表面に肉芽腫と呼ばれる結節病変が出来て、発熱や食欲不振から弱ってゆく消耗性疾患です。
 当院では、細胞培養技術により若い健康な猫の脂肪細胞から間葉系幹細胞を分離培養し、点滴液に混和し静脈点滴することにより強力な抗炎症作用を生み出す治療法を始めました。
詳しくは、電話にてお問い合わせください。院長不在のときは、こちらから連絡いたします。

投稿者: 長居動物病院

前へ 前へ
  • 気になる症状があったらまずはご相談ください 長居動物病院 土日祝日診療 tel:06-6693-4801 診療時間 9:00-13:00/17:00-20:00(14:00-17:00 手術・往診) 休診 火曜日 長居駅 徒歩4分 地下鉄長居駅 徒歩 5分
  • bottom_spimg.jpg

新着情報

一覧へ >
2017/12/26
1月の獣医師スケジュール
2017/11/28
【臨時休診のお知らせ】職員研修の為、12月11日(月)の午後診をお休みさせていただきます。宜しくお願い致します。
2017/11/28
12月の獣医師スケジュール
2017/11/28
【年末年始の休診のお知らせ】
2017/11/14
犬や猫の扁平上皮癌の治療について